自由な生活について

【金持ち父さん、貧乏父さん】気になるキャッシュフローゲームを体験した感想

書籍『金持ち父さん貧乏父さん』と聞くと誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

『金持ち父さん貧乏父さん』の大ヒットとともに広がったのが、その著者であるロバート・キヨサキ氏が開発した、キャッシュフローゲームです。

実は私も以前から気になっていていたのですが、なかなか機会がなくて今まで未経験でした。

今回、このキャッシュフローゲームをやれる機会があったので、物は試しとセミナーに参加してきました!

結論から言うと、とても面白いゲームで参加して良かったです。

日頃ネットビジネスをやっているのですが、ロバートキヨサキ氏のキャッシュフローの考え方はネットビジネス実践者にはとても相性が良いものだと実感しました。

今回はキャッシュフローを遊んだ私の率直な感想をお話ししますね。

 

 

 

【ロバートキヨサキ氏のセミナーの評判!勧誘?】

ネットで「ロバートキヨサキ」や「キャッシュフロー」と検索すると必ず勧誘や怪しいなどの情報がヒットします。

正直言ってサイトを見るとそのように、何かしらに誘導する気配があるセミナーがあるので私も参加には気が引けていました。

そんな時、何気に地元名と「キャッシュフロー」で検索してみると、超地元でゲームのセミナーが開催されているではありませんか!

これは騙されてもいいや!とすぐに参加の申し込みをしてみました(笑)

 

 

【キャッシュフローの会】

キャッシュフローの会と言うものが全国にあるようですね。詳しく調べていなので分からないのですが、公認のものから、大規模な組織的にやっているもの、そして個人でゲームを広めたい人など様々な形態があるようです。

私の地元は田舎なので、個人で広めたい人が細々とやっているセミナーでした。

参加者は私1人!(笑)

でもまぁ色々聞けるしラッキーと気持ちを入れ替えてゲームに参加してみました。

 

 

【ゲームの始め方】

ゲームを始める前に簡単なロバートキヨサキ氏の考えを解説してもらいました。

簡単にいうと、一般的な労働者や経営者は労働(時間)に対して報酬を貰っているのに対して、ビジネスオーナーや投資家は労度(時間)ではなく報酬を得る権利を取得して自動的に報酬を得ているという内容。

つまり不労所得ですね。

労働者を否定している内容ではないのですが、どちらの方が資産やお金を残せるのか?を経験できるゲームがこのキャッシュフローゲームなんです!

書籍にも書いててある例が分かりやすかったので少しご紹介を。

 

ある水不足の村の村長さんが水の管理者を2人募集しました。

そして、トムとロバートの2人が選ばれました。

トムは選ばれたことに大変喜び、すぐにバケツを2個買って、片道30分かかる川へ水を汲みに行きました。

汲んできた水は村の瓶に貯めていき、1杯1ドルの報酬を貰えました。

きつい仕事でしたがトムは一生懸命頑張り毎日少しずつ報酬を手にしました。

一方のロバートは次の日から必死に川からパイプを引く作業を地道にしていました。半年間、報酬はゼロです。

しかし、半年後にパイプが開通した時にロバートはトムの水の値段の半分で販売する事にしました。しかも24時間いつでも使える水を。

当然、村人はロバートの水を村人全員が買うようになりました。

これに焦ったトムは、バケツをもう2個購入して、水の値段も半額に下げ、以前にも増して厳しい労働をしなくてはいけなくなりました。

それでも間に合わないので息子2人も手伝わさせて対応しました。

トムは息子達に言いました「今、頑張ればお前たちもこのビジネスを継げるんだ」と。。。。

 

あなたはどちらを選びますか?と言うのが金持ち父さんと貧乏父さんの分かりやすい例です。

今、日本でいうとパイプラインを引くこととは何でしょうか?

それを分からせてもらえるのがこのキャッシュフローゲームのようです。

 

話が少しずれましたが、まずゲームを始める前に自分の職業を選べます。

医者や弁護士、パイロットも選べるし、鉄工士やアパート清掃などの職業も選べるんです。

どう考えたって医者とか弁護士の方が成功しやすそうですが、実は違うんですね。

実際にゲームをすると分かるんですが。まさにリアルなゲームだと思った1つですね。

高所得者は支出も大きい!!

だからいつまでたっても不労所得を持てないんです。

 

ゲームのルールとして不労所得が総支出を超えないと次のステージに行けないようなっています。

あなたが1ヶ月にかかる支出。家賃やローン、光熱費、娯楽費、日用品、携帯料金、食費、教育費などなどの合計より不労所得が多くないとスタートラインにすら立てません。

厳しいルールですがおそらく現実なんでしょうね(笑)

 

私は鉄工士となりゲームを始めました。

 

 

 

 

【ゲームの内容】

ゲームは「すごろく」のようにサイコロを振って出た目だけ進んでいくというシンプルな物です。

ただ、その内容がとにかくリアルなんです!

定期的に給料がもらえるマスがあったり、無駄使いをするマスがあったり、そして一番の特徴が投資のチャンスがある事です。

株を購入するチャンスや不動産を購入するチャンスが訪れた時に、手持ちにお金がいくらあるかがまずは重要です。

その手持ち金で投資して、毎月の不労所得を少しずつ増やしていく。

そうして毎月の収入が上がり、次の投資の資金となる。

この繰り返しのみが次のステージに行く唯一の方法です。

これってゲームだけでなく現実世界も一緒ですよね。

貰ったお給料をその都度使っていたら一生、次のステージに行けないように、このゲームはなっています。

とにかくリアルです。

銀行から借金も出来るようになっています。しかし利子が毎月10%も付くので、そのリスクと投資の見返りを考えながらゲームを進めることができます。リアルです。

 

 

 

【ラットレースから抜け出す基準】

ラットレースとはまさに先ほどお話ししたトムの生き方です。

このゲームはいかに早くラットレースから次のステージに行けるかを目指すゲームです。

今回、このゲームを経験して一番思った事、それは

子どもの頃にこのゲームで遊んでおけばよかった!です。

小さいころから「人生ゲーム」が好きでクリスマスプレゼントで買ってもらった記憶があります。

人生ゲームはキャッシュフローゲームでいうラットレースの部分にあたります。もちろん投資の概念も人生ゲームにありますが・・・・

人生ゲームとは明らかに目標が違います。

もちろん大人の人にもやって欲しいですが是非、子供にやってもらいたいゲームですね。

実際に貸借対照表と損益計算書に記入しながら進めていくんです。

学校では決して教えてもらえない事をゲームしながら学べるって凄いこと。

中には子供の内からお金儲けのゲームなんて不謹慎だ!と言う人が必ずいますが、まさに古くからあるよくわからない常識。

それってラットレースの人生こそ正しい人生だと教えているようなものです。

 

とまぁこんなことを書くと批判されそうなんでこの辺で(笑)

 

とにかく楽しいゲームでした。

2時間ほどの体験でしたがラットゲームから抜け出せませんでした(笑)

またチャレンジしたいと思います!

ちなみに私は最近、無料で出来るFXツールを見つけたので、それを使って投資をしています!

【噂のFX自動売買ツール】3か月無料で試せるツールを実際に使ってみた感想!怪しいと思ったら実際に使ってみれば良い!!お金は投資で増やすべき! そう思っていても、その投資の方法が分からない! かくゆう私もそんな一人でした。 不動...