国内無在庫について

【Amazon無在庫転売】出品や在庫のツールを自分で作る方法。クラウドワークス活用編

在庫を持たない無在庫で転売をしようと考えている方にとって専用のツールは必要不可欠です。

専用のツールを使用せずに無在庫転売を始めてしまうと、結果が出る前に膨大な作業量によって必ず挫折してしまいます。

副業で始める方がほとんどの為、出品や在庫の管理に寝る時間を惜しんで取り組むにはどうしても無理があります。

今回の記事では労力を効率良くする為に自分専用のツールの作成方法について解説していきます。

 

 

ツール込みのノウハウを購入する

まず専用ツールを自分で作成する前にお話ししなければいけないこととして、無在庫転売のノウハウを販売している実践者の多くが専用のツールの使用料も込みで販売していることがあります。

このような専用ツールを事前に体験でき、それを使って実践する場合は自分専用のツールを作成する必要はありません。

ただ、もっと便利なツールを作りたい方や、将来に自分でノウハウを販売した方は専用のツールを作成する意義はありますので参考にしてください。

 

何故専用ツールが必要なのか?

無在庫転売を未経験の方にとって、そもそも何故、専用ツールが必要なのかを簡単に解説していきます。

 

新規出品と相乗り出品

無在庫転売の特性上、わざわざ競合がいる相乗り出品をするメリットはありません。相乗り出品とは、すでにAmzonに商品ページがある商品を販売する方法です。

出品が簡単なため多くの転売実践者が出品する方法ですが競合が多いため必ず価格競争がおき、薄利多売傾向になります。

一方、無在庫転売は仕入れリスクが無いために、回転の良い薄利の商品よりも、たまに高利益で売れる物を出品できるメリットがあります。それが新規出品です。

新規出品とはAmazonに商品ページが無いために、自分で1からページを作成する方法です。

 

在庫管理が大変

無在庫転売は先に仕入れをする必要が無い為に、とにかく売れそうな商品を沢山出品をするノウハウです。したがって出品する在庫が膨大になる傾向があります。多い人では数万点の出品となる為、その全てを在庫管理するには非現実的な時間が必要となります。

在庫管理しないと、せっかく売れた商品があっても仕入れできない状態が起きてしまう為、在庫管理ツールは必要となります。

 

ツールがない場合の新規出品

では、専用のツールがない場合の新規出品方法を比較対象として解説します。

【新規出品の詳細手順】

「アマゾンセラーセントラル」の「在庫」から「商品登録」をクリックします

 

「商品を新規に登録する」をクリックします

 

登録したカテゴリーを選択します。今回は例として「おもちゃ」→「ぬいぐるみ」を選択してみます。自分で出品するカテゴリーを見つけましょう。選択したら「選択」をクリックします。

重要情報を入力します。赤枠の中は必須項目ですので必ず入力してください。

 

次に出品情報を入力します。こちらも赤枠の中は必須項目ですので必ず入力してください。

 

画面右上の「詳細表示」をスライドさせるともっと詳しいタグで出てきます。

基本的に任意ですが、データは入れれば入れるほど商品が売れる確率が上がります。最低限、画像データと商品説明は記入しておきましょう!

商品画像

「ファイルを選択」で写真を選びます。なるべく多くの写真があったほうが良いでしょう。

 

商品の説明もできるだけ詳しく記入すると売れる確率は上がります。

 

その他にも「キーワード」や「詳細」などがありますが入力はお任せします。何度も言いますが記入が多いほうが売れる確率は上がります。しかし、1つの商品出品にどれだけ時間がかけられるかによって判断するべきだと思います。

例えば、有在庫転売の場合はすでに商品が手元にある為、どうしても売らなくてはいけません。ですので、商品ページは詳しく記入すべきです。

対して無在庫転売の場合は数を出さなければいけないはずなので、記入は制限して多くの出品を目指したほうが良いでしょう。

このように1つの商品を出品する為に、これだけの労力が必要となります。

 

ツールがない場合の在庫管理

在庫管理の目的は仕入れ先(ヤフオク、メルカリ、Amazonなど)での販売が無くなった場合に、販売先でその商品の出品を取りやめることです。

そうしないと、商品が売れた時に仕入れができない状態が発生するからです。

ツールがない場合は1つ1つチェックするしかありません。

1万点出品していれば何日かおきに全てをチェックするしかありません。完全な在庫管理という観点でいうと毎日全ての在庫をチェックする必要があります。

これでは副業としても本業としても破綻していると言わざるを得ません。したがって在庫管理ツールは必須なツールとなるでしょう。

 

専用ツールの作成方法

それでは専用ツールの作成方法について解説します。といっても今からあなたがプログラミングをイチから学び専用のツールを作成する必要はありません。その道のプロにお任せしましょう!

それもネット上で簡単に依頼ができます。

 

プログラマーを見つける方法

クラウドワークスでプログラミングができる人を探しましょう。

【クラウドワークス】

https://crowdworks.jp/dashboard

 

クラウドワークスのトップページ「クラウドワーカーを探す」をクリックしてください。

検索窓が表示されますので探したいキーワードを入れて検索します。

今回は出品ツール作成が得意な人を探しますので「Amazon出品ツール」と検索してみましょう。

 

 

すると、その内容が得意なワーカーが検索されます。

ツール作成に必要なスキルがあるのですが、赤枠の紹介文を見てお願いできそうな人がいたら、「相談する」で積極的に質問してみましょう。

例えば、メルカリの商品をAmazonnに出品するツールを作成できますか?など、自分がやりたいことをワーカーに伝えて相談してみましょう。

出来そうであればチャットワークZOOMなどでさらに詳しく打ち合わせをして、自分の目的とあったツールを予算内で作成できそうであれば発注をする、という流れです。

予算は3万円~5万円くらいが相場かと思いますが、ツールの内容によって変わります。支払いはワーカーさんの口座を教えてもらって直接振り込んだ方が手数料も引かれないので喜ばれるでしょう。

特別な知識は必要ありませんが、発注までにしっかりと意思の疎通をしないと、思ったようなツールができない可能性がありますので打ち合わせはしっかりと行いましょう。

 

実際の専用ツール例

私はヤフオクで仕入れしてAmazonで販売する無在庫転売を実践しております。その新規出品をするための専用ツールがこちらになります。

 

動画は私が使っている専用ツールです。【新規出品の方法】(4分53秒)

 

手作業と比べて格段に商品を出品する効率が上がっていることが分かると思います。

 

クラウドワークスの便利さ

このようにクラウドワークスには専門の知識を持っているワーカーが沢山います。しかもその種類は多岐にわたり、特にネットで完結できる依頼が沢山あります。

私がよく使う方法ですが、分からないことがあったら、全てクラウドワークスで解決しています。

ネットビジネスをやっていると、ググっても完全に理解できないことが数多くあります。そのまま何日も悩んでいるのなら、すぐにその内容を知っている人をクラウドワークスで探して解決したほうが何倍もお得です。

ZOOMなどの通信手段で画面共有をすれば、ほとんどのことは解決できます。1時間2,000円~3,000円も払えば、その道のプロに直接アドバイスをもらえます。

単発の相談としてもクラウドワークスは非常に重宝します。

 

まとめ

以上で、出品や在庫のツールを自分で作る方法を終わります。

専用ツール作成依頼の他でもクラウドワークスは利用頻度が高いです。

小さな疑問も相談すればすぐに解決し、それは自分の知識になっていきます。是非、気軽に活用して立ち止まらずに副業に取り組むことをおすすめします。

 

 

 

 

 

もし、この記事を見て無在庫転売の事がもっと知りたいという人がいましたら、下記のラインかメルマガ登録のどちらかをして頂ければ、動画がもっと詳しくお伝えします。完全無料ですし、登録したかといって無理なセールスなんて誓ってしません。

それではお待ちしていますね。

下記から申請してくださいね

友だち追加

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録はこちら

 

何か質問がありましたらいつでもお気軽にご相談くださいね

Widemarket51@gmail.com