ネットビジネス全般

転売初心者の壁。Amazon出品数制限と出品規制ブランド・メーカーの解除方法と裏技を徹底解説!

①転売初心者の壁となるAmazonのルール

 

転売は数あるネットビジネスの中でも最も容易に始められる副業です。しかし、Amazonで販売する転売で気を付けなければいけないルールがいくつかあります。そして、そのルールが初心者にとって大きな壁となることがあります。

そのルールというのが、出品数制限と出品規制(ブランド・メーカー)の2つです。

特に出品数制限は最近から適用され始め、Amazonがサービス向上のために年々厳しくなっている表れの一つだと思います。

出品数制限とは1週間に出品できる商品の数に制限をかけることで、出品規制とは事前にブランドやメーカーの販売権利を申請しなければいけないルールです。

今回はこの2つの内容と対応策、そして裏技を徹底解説します!

もし、あなたが転売初心者または、これから転売を始めようと思っているのならば必ず知っておかなければいけない内容になっておりますので是非とも最後までご覧ください。

 

②Amazonの出品数制限とは

 

ここ1年以内にアカウントを取得して転売を始めた方が頑張って沢山の出品を行うとエラーが出てしまう現象が起きています。

原因を調べてみると「短期間で沢山の商品を出品したため出品数を制限」する内容でした。

以前まではブランドやメーカー別で出品の制限はかけられていましたが、最近では出品数にも制限がかけられるようになりました。

対象者を調べてみると2017年の8月以降に新しく取得したアカウントが対象となっておりました。それ以降に取得したアカウントにおいて商品を出品しようとすると数量の制限がかけられます。

制限数は取得したアカウントの期間によって変わるようです。つまり、長ければ長いほど出品できる商品数が増えるということです。

これはAmazonがサービス向上のためにショップの信用度を重視している表れだと思います。特に最近は無在庫転売が主流になりつつあり、初心者でも沢山の商品を扱うことができるようになったことも要因の一つでしょう。

新規で取得したアカウントですと10品前後を出品しただけで制限がかかります。一括アップロードで出品しても制限が掛かるようです。

 

Amazonの出品数制限の内容

 

ではAmazonはどのように出品数制限を行っているのか?

出品者のアカウント取得からの期間、出品数、売上、アカウントの健全性などを評価して1週間ごとにアカウントの制限数を解除しているようです。

アカウントの健全性は売り上げがたっていない時は差が出にくい評価ですが、その他は対応次第で制限数解除は可能です。

具体的に「毎週日曜日の午後」にアカウントの評価があり制限が解除されるようです。

これを踏まえどうやって出品数の制限を解除するかを解説していきます。

 

Amazonの出品数制限の対策

 

結論から言うと徐々にアカウントを育てていくしかありません。

1週間で制限いっぱいの出品をしてなるべく売り上げを上げる。具体的にいうと

「出品する」→「制限がかかる」→「日曜日に解除」→「出品する」

この繰り返しをして自身のアカウントを育てていけば出品数は格段に増えていきます。こうしてお話しすると気が遠くなる話のように聞こえますが、実際は1ヶ月もしないうちに出品数は格段に増えて制限まで出品が追い付かなくなります。

しかし、Amazonとしても出品者に徐々に経験を積ませたい考えなのでしょうが、すぐにでも結果を出したい人には厳しいルールです。

これは報告であったのですが、テクニカルサポートに連絡することで制限が緩くなった例も沢山あります。私の生徒さんでも1週間の制限が10件から200件になった方がいますので是非お試しください。

また、FBAを利用していると制限が緩くなるとの報告も受けております。自宅にある本やいらないもの数点だけFBAで出品しておくこともお勧めします。

Amazon転売 FBAのメリット、デメリットについて徹底解説Amazon転売 FBAのメリット、デメリットについて徹底解説 転売は実践していくと、必ずぶつかる壁があります。 ...

 

Amazonの出品数制限の対策(裏技)

 

1ヶ月も待っていられない!と言う人に裏技を教えます。

出品数制限の内容にもありましたがAmazonは1週間の出品数と売り上げでアカウントを評価しています。したがってなるべく多く売り上げがあれば評価は上がります。売上に関しては売上金額ではなく売上数が影響していると思われます。

そこで安いトレーディングカードなどを売って知人や家族に買ってもらいましょう。

どうやって注文数を増やすか?その方法を解説します。

 

動画でも解説しています(13分34秒)

 

注文数を増やす方法

注文を増やす方法は2つあります。

1つ目は自分でアマゾンの販売用アカウントと関係のない購入用アカウントを作って自分で買う方法。

2つ目は知人にお願いして購入して貰う方法。

私は個人的には2番目の知人にお願いする方法をおすすめします。

1つ目はIPアドレスや住所、名前などで紐付けられる可能性もあるので2つ目をおすすめします。

販売する方法は簡単です。下記のような安いカードに相乗り出品して買ってもらうだけです。

 

 

100円とかのカードは沢山ありますので探すことは容易にできると思います

この商品を知人に買ってもらい、商品は送らないで、知人にお金だけ支払えば終了です。

若干の資金は必要になりますが、安い商品を選べば

10,000円もあれば100件くらい注文数を稼げます。

 

1つだけ注意点があります。それは知人に買ってもらう時に決済を1つずつやってもらうことです。

例えば10個、購入するときに10個カートに入れてからまとめて決済すると注文数が1しかカウントされない場合があります。

少し面倒ですが1個ずつ決済してもらって下さい。

またこの方法で10個に1個程度の割合で自分に評価を入れて貰うと良いでしょう。

このような方法で販売数を増やしておくとアカウントの健全性の維持にも役に立ちますし、出品数制限も解除されるし、評価も上がるので一石三鳥です。

 

③出品規制ブランド・メーカー

2つめは出品規制について解説します。出品数制限に比べてハードルが高い規制ですが、裏技を含め対応策がありますので、規制など関係なく転売に取り組めるようになります。

 

Amazonの出品規制・出品制限とは何か?

そもそもAmazonの出品規制、出品制限とは何かというところからお話しします。

Amazonでは決められたブランドやメーカーにおいて、事前に許可を得ないと、その商品が販売できないようなシステムになっています。そして許可を得るためには卸問屋の請求書を添付してAmazonに申請をしなくてはいけません。

Amazonがこのような規制をする理由は、「Amazonマーケットプレイスで販売している小売業者の商品の販売によって、Amazonの顧客の信頼を失わないため」が最も大きな要因です。Amazonで販売するには、小売店としてある程度の信用がないと販売できませんよ、ということです。

 

Amazonで出品規制・出品制限されているブランド・メーカー一覧

Amazonで出品制限・出品規制が掛けられているブランド・メーカーは沢山あります。

ここでは、その一覧をカテゴリー別でご紹介します。

※アルファベット順

❶家電系ブランド・メーカー

ブランド名 フリガナ
Apple アップル
Beats ビーツ
BenQ Japan ベンキュージャパン
BOSE ボーズ
Brother ブラザー
CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ
Casio カシオ
DJI ディージェーアイ
ELECOM エレコム
EPSON エプソン
FUJIFILM 富士フイルム
Fhilips フィリップス
GoPro ゴープロ
Microsoft マイクロソフト
NIKON ニコン
OLYMPUS オリンパス
Panasonic パナソニック
PENTAX ペンタックス
RICOH リコー
SanDisc サンディスク
SIGMA シグマ
SONY ソニー
Shop Japan ショップジャパン
THERMOS サーモス
TAMRON タムロン
Tanita タニタ
YAMAHA ヤマハ
象印 ゾウジルシ

❷おもちゃ系ブランド・メーカー

ブランド名 フリガナ
BANDAI バンダイ
GOOD SMILE COMPANY グッドスマイルカンパニー
LEGO レゴ
SEGA TOYS セガトイズ
STUDIO GHIBLI スタジオジブリ
TAKARA TOMY タカラトミー
Peeple ピープル
アンパンマンシリーズ
ガンダムシリーズ
たまごっちシリーズ
トミカシリーズ
トーマスシリーズ
ディズニーシリーズ
プラレールシリーズ
ぽぽちゃんシリーズ
リカちゃんシリーズ

❸アパレル系ブランド・メーカー

ブランド名 フリガナ
A BATHING APE ア・ベイシング・エイプ
Abercrombie & Fitch アバクロンビー&フィッチ
adidas アディダス
BOTTEGA VENETA ボッテガ・ヴェネタ
BURBERRY バーバリー
CALVIN KLEIN カルバンクライン
CANADA GOOSE カナダグース
CHAN LUU チャン・ルー
Chloe クロエ
Christian Louboutin クリスチャン・ルブタン
COACH コーチ
Daniel Wellington ダニエル・ウェリントン
Dior ディオール
Dunhill ダンヒル
Ed Hardy エド・ハーディ
emu エミュー
FENDI フェンディ
FJALL RAVEN フェールラーベン
Giorgio Armani ジョルジオ・アルマーニ
GOYARD ゴヤール
GUCCI グッチ
GUESSS ゲス
HUNTER ハンター
IL BISONTE イル・ビソンテ
LeSportsac レスポートサック
LONGCHAMP ロンシャン
LOUIS VUITTON ルイ・ヴィトン
MARC BY MARC JACOBS マーク・ジェイコブス
Mila schon ミラ・ショーン
MINNETONKA ミネトンカ
MONCLER モンクレール
NEW BALANCE ニューバランス
NIKE ナイキ
Orobianco オロビアンコ
PANERAI パネライ
Paul Smith ポール・スミス
Polo Ralph Lauren ポロ・ラルフローレン
RAY-BAN レイバン
Salvatore Ferragamo サルヴァトーレ・フェラガモ
TATRAS タトラス
TIFFANY ティファニー
TOD’S トッズ
TOMS SHOES トムス・シューズ
TORY BURCH トリー・バーチ
Vivienne Westwood ヴィヴィアン・ウエストウッド
VANS バンズ

❹マタニティ・アウトドア系ブランド・メーカー

ブランド名 フリガナ
Coleman コールマン
Ergobaby エルゴベビー
Hoppetta ホッペッタ

 

自社アカウントの制限を確認する方法

まず、自分のアカウントにかかっている制限を確認してみましょう。

やり方はアマゾンセラーセントラル画面、右上の検索欄に「コード申請」と入力して「出品申請を表示」をクリックします。

自分のアカウントの制限一覧が表示されます。

画面右側に「商品を出品」と表示してあるブランドやメーカーは申請がおりています。「出品を申請」と表示してあるブランドやメーカーは申請がおりていません。

 

 

Amazonの出品制限・出品規制を解除する方法

では、規制や制限をどうやって解除するかを3つの方法で解説します。

⑴アマゾンが定める正規の方法

⑵裏技:ヤマダ電機を使って申請する方法

⑶裏技:ノーブランドで申請してしまう方法

結論から言いますと⑶の方法が断然おすすめです!ですので⑶の開設だけを見たい方は飛ばしていただいて構いません。

それでは順番に解説していきます。

 

⑴アマゾンが定める正規の方法

通常、出品制限・出品規制が掛かっているブランド・メーカーの出品許可申請をクリアするためには、Amazonが定める内容・基準を満たす請求書、もしくは販売許可証を提出する必要があります。

出品したい商品に制限が掛かっていると画像のように「出品許可申請」が必要になります。

 

「出品許可申請」をクリックし「出品許可を申請する」もクリックしてください。

そうすると申請画面が表示されます。注目は赤枠のところです。

簡単にいうとメーカーからの許可書か問屋の請求書が必要ということです。これが一般の転売者には物凄くハードルの高い書類となり、ほとんどの転売実践者が諦めてしまいます。

このようにAmazonが定める正規の方法ですと解除は難しいですので、裏技として2つの方法を解説します。

 

⑵裏技:ヤマダ電機を使って申請する方法

先ほどの問屋の請求書をヤマダ電機で書いてもらう方法です。

詳しくは下記の記事内の3の①家電量販店の項を参照ください。

副業 有在庫転売のコツ 超有料級!有在庫転売の仕入れノウハウの全てを教えます仕入れ先によるそれぞれの交渉方法 「転売を始めたが仕入れができない・・・」 そんな理由で転売を辞める人が後を絶ちません。...

 

簡単にいうとヤマダ電機さんと法人契約を結び、請求書を発行してもらうという方法です。Amazonはヤマダ電機さんも問屋として認識してくれますので、発行していただいた請求書で解除申請ができます。

法人契約自体も簡単です。名刺を作成すればすぐに可能ですので是非参考にしてください。

 

⑶裏技:ノーブランドで申請してしまう方法

今まで2つ解除方法を解説しましたが、実はこのノーブランドで申請する方法が一番おすすめです。

理由は申請が簡単ということと、ノーブランド品として解除できれば全てのブランド、メーカーで出品が可能になるからです。やり方は簡単です。下記の記事でも解説していますのでご確認ください。

Amazonに無い商品を出品する方法 ブランド申請Amazonに無い商品 仕入れた商品がAmazonに無くて出品できない。そんな経験ないでしょうか? 転売の出品方法は基本...

 

たった一つの商品を「ノーブランド品」で申請してしまえば、その後は全ての商品を出品できる、まさに画期的な方法です。

ただし、そもそもAmazonの規約に違反する商品などは、いくらノーブランド品で出品してもダメですので出品規約は十分に理解して出品を行って下さい。

 

まとめ

 

以上でAmazon出品数制限と出品規制ブランド・メーカーの解除方法を終わります。

どちらも転売を始めて最初にやらなくてはいけない作業です。転売で成果が出ない一番の理由はすぐに結果が出なくて挫折することです。それは最初の設定や準備で挫折する人が多いという事。

他の記事でも沢山の手法を紹介しているので、挫折する前に是非ご覧いただき、1日も早く成果が出ることを願っています。

 

 

 

 

 

もし、この記事を見て無在庫転売の事がもっと知りたいという人がいましたら、下記のラインかメルマガ登録のどちらかをして頂ければ、動画がもっと詳しくお伝えします。完全無料ですし、登録したかといって無理なセールスなんて誓ってしません。

それではお待ちしていますね。

下記から申請してくださいね

友だち追加

メルマガ登録はこちらから

メルマガ登録はこちら

 

何か質問がありましたらいつでもお気軽にご相談くださいね

Widemarket51@gmail.com