ネットビジネス全般

脱サラしたい人は読むべき記事。複数の収入源を持つことが重要!副業の始め方から脱サラのタイミングまでを徹底解説!

突然ですが、あなたは今のお仕事が心の底から楽しいですか?もし、楽しくて仕方ない人にこの記事は必要ありません。

しかし、日曜日の夜が憂鬱だったり、朝起きるのが辛い人は是非ご覧ください。

人は誰しも潜在意識の中で自由に暮らしたい、と思っているはずです。毎日会社に勤め夜遅くまで残業している現状とはかけ離れた理想の生活です。会社に勤めているうちは本当の自由な生活は手に入れられません。

でも、今すぐ脱サラしてネットビジネスを始めることは、お勧めしません。脱サラするには十分な準備が必要です。準備をせずに脱サラをしてしまうと、またバイトや会社勤めをしなくてはいけない状況に必ず追い込まれます。

個人でも稼げる時代になった今、お給料以外の収入を作ることの重要性、ずなわち副業で稼げる力を身につけることは非常に重要です。

自分にあった副業の見つけ方や副業を資産として捉える考え方、そして脱サラのタイミングまでを詳しく解説いたします。

将来、いや今すぐにでも脱サラしたい人は是非ご覧ください。

 

 

お給料以外の収入を作る重要性

70歳以上の高度経済成長期を歩んだ人たちにとって、一生1つの会社に勤めていれば安泰を約束される終身雇用制度と年功序列制度は絶対の存在でありました。

しかし、それから50年以上たった今、終身雇用制度と年功序列制度の崩壊とともに、企業も副業を認める時代になりつつあります。

つまり会社が従業員を守ってくれる時代が終わりつつあるということです。

とにかく安ければいいという考えのもと商売をすると、そこで働く従業員の意思は関係なく、労働者を変えのきく労働力としか見なくなります。ましてや今後はAIの導入により、単純な作業や弁護士、医者などの専門職でさえ人間が不必要になってきます。

そんな時代が本格的に来る前に自分で稼げる力を身につける必要があり、その一歩がお給料とは別の収入を作ることです。

 

個人でも稼げる時代

現在はインターネットの凄まじい発達により、50年前は当たり前ですが10年前と比べても格段に個人で稼ぐことが容易になってきました。

もちろん容易と言っても、成果を出すには起業する覚悟と行動力が必要ですが、昔は起業=会社を設立して商売をするしか選択が無かったことから考えれば、格段にハードルは下がりました。

お金を稼ぐ方法も様々存在し、ネット上で検索すればいくつもの方法を知ることができます。ただ、ほとんどの人が調べようとしない。調べてもやる前から怪しんだり、諦めたりしている為、結果、大多数が会社に勤めるという選択をしています。

まずは会社に勤めなくても稼げる事実を認識することが重要です。

 

副業で稼げる力を身につける

個人で稼ぐ力を身につけると言っても、やることはまず副業を見つけることです。

会社に勤めながらできる副業をまずは経験して、会社に依存しなくてもお金を稼げる経験をしましょう。実はこの第一歩が一番難しい壁となります。

小さいころから親からの洗脳にも似たサラリーマン論が頭のどこかに住み着いていると、この第一歩が非常に難しい難関となります。自分で稼げるんだ!お金を稼ぐことは悪ではない!と本気で自分に言い聞かせないと副業を始める勇気がでません。

どうしても心配で始められない人はリスクが最小限のものから始めると良いでしょう。リスクとは金銭的なリスクの事です。時間的リスクまで考えると成果が思うように出ません。成果が出るまでにある程度の作業は仕方ありません。

ワンクリックでとか、完全放置でのような副業から始めると必ず失敗します。それらの方法で万が一にもある程度の収入を得られても、それは自分で稼ぐ力を身につけたことにはなりません。

あくまでもお金を稼ぐまでの過程が重要だと私は思います。ちゃんと工夫して稼いだお金は非常に価値ある収入です。お金を稼ぐ経験を得られたということが重要なんです。

 

自分に合った副業を見つける

ではどんな副業を選べば良いかと言うと、それはあなたの目標によって違ってくると思います。

いくら稼ぎたいのか?脱サラしたいのか?時間的余裕がほしいのか?目標によって選ぶ副業も違ってきます。

月3万円でもいいから副収入が欲しい人が高額ノウハウを購入する必要はありません。

脱サラしたいのにクラウドワークスで単純な検索作業をしていても、目標には永遠にたどり着けません。

時間的余裕が欲しいのに、とにかく作業量の多い根性系副業を選んでも、理想の目標に辿りるつけません。

まずは自分の理想をしっかりと考える必要があります。これはあくまでも現在のあなたの目標で構いません。月3万円が目標だった人が副業を始めて、月20万円欲しいと思っても良いのです。その時に実践している方法を拡大するのか、違う副業にチャレンジするのかを決めればよいのです。

副業にはステージがあるので、あくまでも現在のあなたのステージに合った副業を選びましょう。自分で出来そうな副業を選んで成功する経験が重要なんです。その経験の為に最初の副業は取り組んでもらえれば、次のステージが待っています。

 

副業を資産と考えろ!

副業におけるステージとは何か?その根底となる考え方が「副業を資産と考える!」ことです。

自分の単純労働の結果で稼いでいるうちは、それはただの収入に過ぎません。資産とは持っているだけで収入を与えてくれるものです。

では副業における資産とは何か?

資産と聞くと不動産や株などを思う浮かべる人が多いと思いますが私は少し違っています。副業も外注などの工夫によりほぼ手離れで出来る状態を作れば、それは資産となります。

例え話として学生でもできる方法をお話しします。

あなたが副業で近所の犬を飼っている家から1回200円で犬の散歩を請け負ったとします。時間の都合上、夕方の散歩しか出来ない為、1ヶ月で200円×30日で6,000円の収入があります。

この6,000円が時間的余裕と収入においてベストであればこのまま続ければいいわけです。しかし、もっと収入が欲しい場合は、新たなお客様を見つければ単純に収入は上がります。

3人いれば月18,000円、5人いれば月30,000円と収入は増えていきます。この段階が副業の第2ステージですね。工夫して収入を増やすステージです。

しかし次のステージとして考えて欲しいのが副業の資産化です。簡単に説明すると1回100円で散歩してくれる人を探すことです。1日5匹を1人でやるには骨が折れます。外注するという考えがあれば全く違う景色が見えてきます。

5組のお客様がいた場合、自分一人だと収入30,000円、外注だと15,000円。

しかし外注の場合だとあなたは、ほぼ手離れで収入が発生します。これが副業の資産化です。自分で単純労働をしているうちはその次のステージはありません。

時間が余るので新しいお客様を探して10組にすれば月30,000円にできます。

このような概念を持っていれば、脱サラへの道が開けてきます。

 

脱サラのタイミング

このように副業を資産化できたら、次のステージへ進むことができます。

ここで脱サラしたい気持ちは分かりますが、慎重になってください。

例のように本業の他に資産化できた副業を1つ持った時点での脱サラは危険です。理由は資産化した副業が継続的に上手くいく保証がないからです。

この段階で本業を辞めてしまって、もし副業で何かしらのトラブルがあったら大変です、ですので私は収入減を最低でも2つ確保したら本業を辞めてもよいタイミングだと考えています。

つまり副業で2つある程度の成果と資産化が出来たら本業を辞めてもいいということです。

今まで転売で数多くの脱サラ失敗者を見てきたので間違いありません!転売で月100万円稼いだからすぐに脱サラした!という人はほぼ1年以内に、また何かしらの労働に戻っていきます。

重要なのは工夫することと、資産化する概念。

これがないまま脱サラすると必ず失敗します。2つの副業を軌道に乗せることは大変かもしれませんが、その経験が必ずあなたの一番の資産になってくれます。

 

 

副業は起業の第一歩

転売で月100万円稼いだから脱サラしてしまう人は副業を起業と考えていないからです。

副業とは起業です

始めはお金を稼ぐことが目標でも構いません。しかし、ラクして稼ごうとしか思っていないと決して長続きしません。

いかに効率よく継続的に収入を得られるかを真剣に考えられる人が生き残ります。

犬の散歩で月に10万円を稼げても、それは単純労働が増えただけです!

あなたは一生、単純労働で収入を得るか?

それとも管理する側に立つか?

副業を始めて成功してもそれは始まりです。起業したという概念のもと、いかに長続きする収入が得られるかを真剣に考えることができれば脱サラして夢のような生活が送れるはずです!

最初は辛いかもしれません。しかし一生のうちの数ヶ月や1年頑張って、その後の人生が変わるのであればチャレンジする価値は十分にあると思います。

あなたの夢に向かって頑張れるのは今しかありません・・・・

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

もし、この記事を見て無在庫転売の事がもっと知りたいという人がいましたら、下記のラインかメルマガ登録のどちらかをして頂ければ、動画がもっと詳しくお伝えします。完全無料ですし、登録したかといって無理なセールスなんて誓ってしません。

それではお待ちしていますね。

下記から申請してくださいね

友だち追加

 

 

何か質問がありましたらいつでもお気軽にご相談くださいね

Widemarket51@gmail.com