ネットビジネス全般

副業転売。有在庫転売の落とし穴5つと私が有在庫転売を辞めた理由。

有在庫転売の概要

 

副業で最も簡単に始められるのが有在庫転売、俗に言う「せどり」です

私もネットビジネスを始めたばかりの時はせどりを実践していました。

クレジットカードとスマホ(検索系アプリ)

があれば特別な資金も知識もなくて誰でも始められるからです。

 

でも・・・・・せどりって楽しいのは最初の1~2か月だけでその後は辛いだけ。

とにかく落とし穴が沢山あり再現性が低いことが有在庫転売の特徴です。

1ヶ月で5万円とか10万円ならば十分再現可能ですが

30万円以上を少ない労力で安定的に稼ぐとなるとハードルは高いと思います。

何故なら

「少ない労力で安定的に稼ぐ」ことが副業の必須条件だと私は思うからです。

 

そんな有在庫転売の実態について今回は詳しく解説したいと思います。

誤解のないように始めに言っておきますが、私は転売否定派ではございません。

有在庫の転売の辛さを知り無在庫の転売を始めた経緯だと思って聞いてください。

 

副業初心者で何を始めればよいか分からない人は是非お読みください。

 

有在庫転売の5つの落とし穴

 

ネットで調べると沢山の有在庫転売のノウハウがありますが、始めてみないと

気が付かない「有在庫転売の落とし穴」が存在します。

実際に経験した内容をもとにお話ししますので参考にしてください。

 

①仕入れが面倒

せどりは物を売って利益を出す方法なので仕入れをしないと利益がでません。

当たり前ですよね。しかし、この仕入れがとても面倒なんです。

毎日、電気屋、ディスカウントストア、リサイクルショップなど何店舗も回っていました。

 

始めの内は利益がでる商品を見つけるたびに喜んでいましたが、

その内に、なかなか商品が見つからない時の辛さのほうが勝ってきました。

よく他のせどり実践者がせどりって「お宝探し見たいで楽しいですよ!」

って言ってますが、あれはある意味当たっています。

なかなか見つからないから本当にお宝になってしまっています。

実践者は自分たちで仕入れは大変だって言ってるようなものなんです。

 

電脳仕入れ

店舗での仕入れとは別にネットでの仕入れも行っていました。

いわゆる電脳仕入れです。仕入れ先は沢山あります。

まず私がやったのはアマゾンのタイムサービスで仕入れて

その後にアマゾンで販売する方法でした。

 

アマゾンのタイムセール系は確かに安く仕入れできるのですが

その後の価格競争が起きてしまうデメリットがあります。

まぁ当たり前です。みんなそれを買ってるのですから。

 

他に試したのが、メーカーのネットショップで仕入れをする方法です。

例えば、文房具を人気のテレビ番組で紹介すると

その商品は人気商品になる可能性が高まります。

 

テレビやネットで情報を集めて、すぐにその文房具のネットショップで在庫を確保します。

そしてそれを自己発送で販売する。この方法も確かに売れるのですが、

メーカーの在庫がすぐに切れてしまう現象が必ず起こります。

 

ですので苦労して見つけた商品でも大体1回の仕入れで終わってしまいます。

継続的に利益を出すには向いていません。

 

そこで次の仕入れ先に選んだのがメルカリやヤフオクです。

その中でも最初に取り扱ったのが家電でした。

店舗仕入れの経験上、家電は売れると確信していたので

まずはプリンターやパソコン周辺機器で始めてみました。

 

中古のプリンターなどで探してみると沢山の仕入れ対象が見つかりました。

ヤフオクで20000円で売っている物が

アマゾンでは40000円で・・・なんて商品が沢山ありました。

これはいける!って思い仕入れを始めたのですが

結論から言うとヤフオクでなかなか落札できないってことが分かりました。

 

20000円のプリンターも競り上がって最終的には40000円になります。

つまり、家電には大体の適正価格がはっきりしていて

利益をとるには、かなりの商品知識が必要で

オークションで値が上がらないって確信がないとできません。

 

②出品が面倒

2つ目は出品が大変ってことです。

仕入れができなかったら、それで辛いですし仕入れが沢山出来ても、辛いんです。

まぁこれは贅沢な悩みと言われるかもですがとにかく出品は面倒なんです。

 

大体、昼は仕入れに行って夜帰ってから出品の作業になります。

ほとんどの実践者がアマゾンのFBAを使っていると思います。

 

FBAと言うのはアマゾンがあなたの商品を代わりに発送してくれるサービスです。

これを使えば確かに、発注が入っても発送する手間はいりません。

しかし、そのサービスを使うために、仕入れした商品に

専用のバーコードを貼って、アマゾンに発送しなければいけないのです。

つまり、まとめて発送するだけで、発送はしなければいけないということ。

 

これが毎日になるととても面倒な作業になってきます。

 

③思った以上にお金が手元に残らない

転売は物販なので当然、商品がないと売り上げが立ちません。

モノレートなどで、その商品が過去どのくらいの値段でどれ位の頻度で売れていたかを

調べて「よし!これなら売れそうだ」と判断して仕入れをします。

 

ここで当然、仕入れ金が発生します。

当たり前ですが先にお金を払ってしまいます。

ここで誤算があります。

・大体がセールなどで購入するので同じ商品に全国で競合が現れる

・競合がいるので商品が売れるまで時間がかかる

・早く売りたいと焦って商品の金額を下げてします。

・ようやく売れても低利益になってしまう。

・その売り上げで次の仕入れをするため手元にお金がに残らない

つまり、

10,000円で売れると思った商品を5,000円で10個仕入れ。

当初の見込み利益は手数料抜きで50,000円

しかし、実際出品すると9,000円の競合相手が出現。

競合相手が売れるのを待ってもよいが次の仕入れ金が欲しい為に

価格を8,800円にする・・・・・

あとは地獄の価格破壊サイクルが始まります。

 

1か月後に7個の商品は売れたが利益は20,000円

しかもまだ3つ商品が売れていない。

その仕入れ金を考えるとほとんど利益なし

気が付けばクレジットカードをリボにして何とかカツカツでやりくりする。

 

お金が欲しくて始めた副業でお金の心配をすることになります。

経験者は分かると思いますが

売り上げは100万円以上出ているのに手元にお金が全然ない!

このような現象が起こる理由がここにあります。

 

④とにかく時間がかかる

商品の仕入れに時間がかかります。

実店舗で仕入れをやる場合は朝から晩まで店舗で商品の検索をしなくてはいけません。

都会の人なら店舗はたくさんありますが

少し田舎に行くと、そんなに仕入れできる店舗は多くありません。

 

したがって県外に仕入れ遠征に行くこともよくありました。

一日店舗を回って仕入れゼロの日もあります。

もし、仕入れできたとしても家に帰ったら商品の梱包作業が待っています。

 

私的にはこれが一番辛いことでした。

自由な時間が欲しくてネットビジネスを始めたのに

「私は何をやってんだろう?」と真剣に思い悩みました。

 

⑤在庫のスペースが想像以上に必要

商品を仕入れたら商品を置いておくスペース必要です。

先ほども説明しましたが、アマゾンで販売する場合はFBAと言う

アマゾンが代わりに発送してくれるサービスがありますが

その場合でも所品をアマゾンに送らなくてはいけません。

全て登録してバーコードを貼って、箱に詰めて発送する。

毎日仕入れをしているとあっと言う間に商品が増えていきます。

 

6帖の部屋でやっていたのですが悲惨な状況でした。

寝る場所はほとんどありませんでしたね。

売り上げが上がれば上がるほど場所が必要になる事は必然です。

 

情報発信者は良いことばかり伝える

以上のように実際にやってみなければ分からない辛いことは沢山あります。

世間の有在庫転売実践者はこの辛い実態を伝えずに、儲かったところだけを

切り取って発信しています。

ネットビジネスは根性のある者が生き残る世界ですが、それは副業としての性格上

矛盾していると思います。

やはり私は「少ない労力で安定的に稼ぐ」ことが副業の必須条件だと思います。

したがって、有在庫転売は始めるハードルは低いですが、

続けるハードルが高いノウハウだというのが私の結論です。

 

それでも有在庫転売がしたいという方に事項では有在庫転売の破壊力について解説します。

 

有在庫で越えなければいけない2つのハードル

 

では有在庫転売で安定的に利益を出すにはどうするのか?

それには越えなければいけない2つのハードルがあります。

 

・定期的に売れる商品を見つける

・その商品をいつでも安く買える仕入れ先を見つける

 

以上の2つをクリアーすれば有在庫転売はとても魅力的な手法となります。

でもこれがなかなか難しいんです。

だってこれは、俗にいう物販(ショップ経営)そのものですので。

 

もはやこれを転売と言っていいのか!と言う方もいるかもしれませんが

そもそも転売と普通の物販は同じことなんです。規模と販売先、仕入れ先が違うだけです。

 

毎回、ネットや店舗で新たな商品を探してその商品が売れるか心配している

毎日を過ごすなら、どう考えたってこちらの方が良いはずです。

でも難しい・・・・

 

まず定期的に売れる商品を見つける事が難しい。

それは競合相手がいない商品を探すということです。

もし、あったとしても、その商品を安定的に安く仕入れできる仕入れ先があるか?

 

物販初心者には途方もないことに聞こえるかもしれませんね。

有在庫転売のコツ

では少しここでコツを・・

 

何もすぐに問屋やメーカーと交渉をする必要はないのです。

もちろん最終的にはそうすべきですが、まず覚えて欲しいのが

問屋さんのなかにはヤフオクなどのオークションで自社ショップの商品を

売っているところが意外とあるんです!しかも、そんなショップはかなり多いです。

 

ヤフオクを見ているとブックオフさんとかも出店してますよね?

これとまったく同じことが一般のショップでも起こっています。

 

探すコツとして出品者の商品をすべて見て同じような物やメーカーの物を沢山出品している

人はその可能性が高いですね。

そんな人に何気なく質問すると、実は・・・・と、問屋さんである事があります。

 

また、店舗でも可能です。一番わかりやすいのがドン・キホーテです。

ドン・キホーテって店員さんに交渉できるんです!

これ50個買うからいくらにできない?

などと交渉すると最初は断られるかもしれませんが

少しずつ実績とその担当者との信頼を築けば

売ってくれるようになりかなり安定的な仕入れ先となります。

こちらで詳しく解説しています!

副業 有在庫転売のコツ 超有料級!有在庫転売の仕入れノウハウの全てを教えます仕入れ先によるそれぞれの交渉方法 「転売を始めたが仕入れができない・・・」 そんな理由で転売を辞める人が後を絶ちません。...

 

有在庫の破壊力

このような手法で良い商品を安定的に仕入れできれば有在庫転売は想像以上に稼げます。

 

1個の利益が5000円の商品が3日に1個売れたとします。

仕入れ先も決まっているので、この商品1つだけで1ヶ月の利益が5万円です。

このような商品を10個見つけられたら?

安定的に50万円が稼げます。

 

実際、毎日売れる商品も探せますし利益1万円以上の物もあります。

型にさえハマってしまえば、有在庫転売は破壊力抜群です。

 

しかし、これには売れる商品のリサーチ力と資金が必要になってきます。

 

ですのでやはり有在庫転売はハードルが高い。

初心者の方は無在庫転売から始めたほうが絶対によいです。

まとめ

まとめると、最初は無在庫転売で物販の基本を学び、資金を集める。

徐々に資金が貯まったら、仕入れ先を探しながら有在庫を少しずつ始める。

 

物販だけで稼ごうとすればこんな流れが理想かと思います。

 

まぁ途中で大体、他の稼ぐ方法を知ってしまい物販を極める方は少ないのですが・・・

 

私が有在庫転売を辞めた理由

これから転売を始める人へ

これまで解説した有在庫転売の辛さを踏まえて、私が有在庫転売を辞めた理由について

お話しします。正直、人に知られたくない内容ですが、これから転売を始めようとしている

人がいたら、少しは役に立つかと思い恥ずかしながらお話しします。

 

コソコソとやっていた転売

有在庫転売の思い出は辛いことだらけです。その時はその方法しか知らなかったので

「やるしかない」だったのですが、今は無在庫転売を知ってしまったから、

もう二度とやりたくないと言うのが本音です。

・仕入れで店舗を回るのが大変

・商品が売れるか心配

・商品の梱包が面倒

・価格競争の心配が常にある

・利益率が低い、だからお金が残らない・・

など上げたらきりがないのですが私が一番つらかったのは、仕入れの時に

隠れてコソコソしていたことです。

 

体力的なことはまだ、我慢できますがこのメンタルが正直耐えられなかった。

人はどこかで自分のやっていることを認めてもらいたいものです。

自分の仕事を全否定されたら誰だって嫌な気持ちになりますよね?

まさにそんな気持ちになりました。

 

店舗で仕入れをするときにスマホでバーコードを読み取って調べるのですが

店によっては、その行為が店員に見つかると注意をされることがあります。

店員に見つかれないようにコソコソと調べる行為がなんだか悪いことをしているような

気になって本当に悩んだ記憶があります。

 

私は本当にこれが我慢できませんでした!

心の底から自分の仕事に誇りを持てない。

つまるところ自分の仕事を心の底から「楽しい」て思っていないこと。

有在庫転売を諦めた1つの要因です。

 

どんなに恥ずかしい商品でも仕入れる

時には仕入れする商品が恥ずかしい商品の場合もありました。

オモチャ関係は子供のプレゼントで通るかもしれませんが

かなりオタクな商品とかを大量に買うのは最初はかなり抵抗がありました。

 

正直、慣れてくるのですが、今思えば恥ずかしいなぁ

って思える商品を大量に買っていましたね。

 

それと、少しアダルトな商品も恥ずかしいですよね。

DVDとかも対象にしていたので、1回で20枚とか購入したことがあります。

こいつどんだけ好きなんだ!って思われてたでしょうね(笑)

しかも、かなりマニアックな内容のDVDでした・・・内容は言えません。

とにかくドギツイ内容です。

そういう方が売れやすかったんですよね。

 

それとアンアンの表紙を「田中みなみ」さんが飾った回もかなり仕入れしました。

1000円もしない書籍が4000円以上で飛ぶように売れましたよ。

ただ、覚えてますか?表紙の写真。

手ブラって言われてましたが、まぁセミヌードですよね。

県内のコンビニ走り回って、1店舗で5冊とかあるだけ買って回りました。

正直、店員に変に思われてたでしょうね。

友人に見られたら完全にアウトな状況でした。

 

それと、恥ずかしい商品ではなくて恥ずかしい買い方もしていましたね。

 

人気のゲーム機が発売されて、お一人1台の時なんか

服とか帽子を持っていって毎回変装して買っていましたよ。。。

 

有在庫転売実践者はこれを楽しいって言っていますが・・・・

確かに仕事を楽しむことは重要ですが、何年もやる仕事ではないと思っていました。

 

有在庫転売を辞めようと思った瞬間

最後ですが、これが決定的でした。

私、これで有在庫転売辞めようって真剣に思いました。

 

私の住んでる市で2つ目のドン・キホーテがオープンする日の事でした。

開店前から沢山の行列ができていて私も真ん中位で並んでいました。

 

いざ、開店!と意気込んで仕入れを始めたら・・・

今でも鮮明に記憶に残っています。

他の転売グループが何組かいて、ものすごい勢いでカートに商品を入れていく様を・・・

県外からの転売グループなんでしょうが、正直、それを見てドン引きしました。

 

自分も同じように人から見られているのかな?

ああいう人たちがいるから転売やっている人への偏見が強いのでしょうね。

あれを見たら誰だってそう思いますよ。

あの日を境に店舗仕入れをしなくてもいい方法を

考え始めて、今は無在庫転売に出会ったのですが

今もどこかで、あの光景のような仕入れが行われているのでしょう。

この日を境に有在庫転売から大きく気持ちが離れました。

 

転売は稼げない!ほとんどが有在庫で失敗

 

よくネットで検索していると転売は稼げない!辛い事ばかりで辞めてしまった。

残念ながら、このような情報が多いのも事実です。

しかし、この情報は間違っています!いやほとんど当たっているのですが・・・・

 

稼げない転売は「有在庫転売」なんです。

今回の記事を読んでいただければ理解できると思います。

 

この有在庫転売の情報が「転売=稼げない・辛い」

というイメージをつけさせてしまったのだと思っています。

 

しかし転売でも短時間で効率よく稼げる方法もあります!

ほとんどの方がそれを知らないだけ。

 

確かに転売と検索したり書籍で取り扱っているのは有在庫転売がほとんどです。

一般的に簡単に誰もが取り組めるのでネットビジネスを始める方には人気あります。

 

そして、その中の大多数がつまずいてしまい、また違う方法を模索して

気が付けば「ノウハウコレクター」となってしまいます。

高額塾などにお金を払って手法を知ると満足してしまう人達です。

 

たくさん見てきましたが実にもったいない!!

だからスタートの転売で成功して徐々にステップアップしていってほしいと思っています。

 

 

 

 

 

もし、この記事を見て副業の事がもっと知りたい

という人がいましたら、下記のラインかメルマガ登録の

どちらかをして頂ければ、動画がもっと詳しくお伝えします。

 

完全無料ですし、登録したかといって無理なセールスなんて

誓ってしません。

 

それではお待ちしていますね。

 

下記から申請してくださいね

メルマガ登録はこちら

ライン登録はこちら

友だち追加