ネットビジネス全般

Amazon転売 FBAのメリット、デメリットについて徹底解説

Amazon転売 FBAのメリット、デメリットについて徹底解説

 

 

転売は実践していくと、必ずぶつかる壁があります。

 

それは1人で実践する限界の作業量があるということ。

 

実践し始めでまだ販売個数が少ないうちは大丈夫なのですが

徐々に販売個数が増えてくると限界が見えてきます。

 

販売個数が増えてくると、その商品の

発送作業が膨大になり、仕入れをする時間に

制限がかかってしまいます。

 

そうなると安定的、持続的に利益を出すことは

非常に難しくなってきます。

 

そこで今回はAmazonの最大の魅力のひとつ

FBA(フルフィルメントby Amazon)について解説します。

 

・自己発送で出品している人

・発送作業がの比重が大きくなっている人

・なかなかカートボックスが取れない人

 

このような悩みがある人は、是非FBAによる

販売を考えても良いかと思います

FBA(フルフィルメントby Amazon)とは何か?

 

FBAとはどんなサービスか?

 

簡単言うと以下の2点が挙げられます。

 

・商品の在庫管理をAmazonが代行してくれる

・商品の発送をAmazonが代行してくれる

 

Amazonが商品管理をしながら発送もしてくれるサービスです。

しかもお客様の対応もAmazonがしてくれます。

 

では実際にFBAを使う流れを解説します。

 

 

①商品を仕入れたらAmazonに登録する

 

まず、仕入れした商品をアマゾンに登録します。

これは自己発送でも必要な作業です。

ただ自己発送ではなくFBAを選択して登録完了です。

 

②登録した商品のバーコードを張り付ける

 

自己発送と違う点がここです。

登録した商品にそれぞれ識別バーコードを貼る作業があります。

このバーコードによってAmazonが管理しますので

必ず必要な作業となります。

この作業が面倒な方は有料となりますが

バーコード貼りをAmazonに依頼することも可能です。

 

③商品識別出来たらまとめてAmazonに送る

 

こうして識別出来た商品を

まとめてAmazonに発送しておきます。

注意点は商品の種類や大きさによって

発送先が違うことです。

 

発送料金がかかるので

うまくダンボールに入るように工夫したり

なるべく同じ発送場所の物を一緒に送るなどの

工夫が必要となります。

 

FBA(フルフィルメントby Amazon)のまとめ

 

このようにFBAとは仕入れした商品を

事前にまとめてAmazonに送っておき

その管理、発送をAmazonに依頼する方法となります。

 

それではFBAのメリットとデメリットについて解説していきましょう。

 

 

FBAのメリット

 

フルフィルメントby Amazon(FBA)のメリットは

以下のようなものがあります。

 

・作業の効率化ができる

・信頼度が高まる

・送料が無料になる

・決済方法が増える

・カートボックスを取得できる

・売り上げが上がる

 

 

以上のようなメリットが考えられます。

では1つずつ解説していきます。

 

・作業の効率化ができる

 

FBAの最大のメリットが作業効率が高まる事です。

自己発送の場合、商品が売れるたびに

納品書を用意して、箱詰めして、宅配業者または郵便局まで行って

配送の手配をしなければなりません。

 

FBAにするだけでこの作業が不必要になります。

個人の方が比較的容易に転売を始められるようになった

最大の理由がFBAです。

 

・信頼度が高まる

 

購入者心理として自己発送とFBAとでは

間違いなくFBAの方を選んで購入します。

 

商品ページにも

「AMAZON.CO.JP 配送センターより発送されます 」

と明記されますし、梱包の箱もAmazonの物になります。

自己発送ですと、どうしても購入に不安があることは

否めません。

 

・送料が無料になる

 

FBAにすると商品の発送料金は無料となります。

現実に出品者にとってはFBA手数料とAmazonに送る

発送料がかかっているのですが

購入者にとっては送料無料となりますので

同じ商品があってもFBAで販売している物を

購入することは当たり前のこととなります。

 

 

・決済方法が増える

 

FBAにするとクレジット決済だけではなく

代金引換を決済方式に追加することが可能です。

 

クレジットカードも持っていない人にも販売可能になります。

 

 

・カートボックスを取得できる

 

カートボックスとは簡単にいうと上記の画面の

「カートに入れる」とクリックしたときに

自分の商品が売れることです。

 

つまり最優先でAmzonが自社の商品を売ってくれる

ということです。

カートボックス取得にはいくつかの条件がありますが

そのうちの1つがFBAである事なんです。

 

・売り上げが上がる

 

今までのメリットの全てが

売る上げが上がることに繋がっています。

従ってFBAの最大のメリットは簡単にいうと

売り上げが上がるなのかもしれません。

 

 

FBAのデメリット

 

フルフィルメントby Amazon(FBA)のデメリットは

以下のようなものがあります。

 

・手数料がかかる

・商品によって配送先が異なる

・商品コンディションが変更できない。

 

以上のようなデメリットが考えられます。

では1つずつ解説していきます。

 

 

・手数料がかかる

 

FBAには下記の手数料がかかります。

・販売手数料

・在庫の管理手数料

・バーコードラベル貼りの手数料

・商品返品時の手数料

・商品放棄時の手数料

 

特に在庫の管理手数料は商品が売れなくても発生する

手数料ですので注意が必要です。

 

物の大きさのよって料金が変わります。

詳しく知りたい方は在庫保管手数料

でご確認ください。

 

このように管理手数料が発生するので

長期間、売れない在庫がある場合は処分するか返品するか

対応が必要になってきます。

 

 

・商品によって配送先が異なる

 

商品の種類や大きさによって商品を預ける

管理センターが違ってきます。

うまく管理して送らないと無駄な配送費や

段ボール費がかかってしまうので

注意が必要になります。

 

 

・商品コンディションが変更できない。

 

商品が手元に無いため常に商品のコンディションを

チェックできません。

それが原因でクレームになる恐れもあります。

それを回避するためには商品を返品して

コンディションを確認後、また再発送するという

手間がかかります。

なるべくコンディションに大きく左右されない商品を

取り扱う工夫が必要です。

 

 

FBAを使う時の注意点

 

デメリットの章でも解説しましたが

FBAで販売すると独自の販売手数料が発生します。

 

当然、自己発送の手数料より高いため

FBAで販売するにあたってはこの手数料も十分考慮して

仕入れをしないと利益が取れません。

 

仕入れ時にはFBA料金シミュレーターを使って

しっかりと手数料を把握して仕入れをしましょう。

 

 

まとめ

 

 

以上でFBA(フルフィルメントby Amazon)に

ついて解説を終わります。

 

ご覧のようにデメリットよりメリットの方が

はるかに大きいですので

1人で転売を実践している方であれば

FBAを使わない手はないと思います。

 

 

 

メルマガ登録はこちらから

完全無料、登録したからと言って無理なセールスなどは誓っていません!

http://widemarket.xsrv.jp/no2/kokunaimuzaiko

国内無在庫販売の方法  今だけの特別セミナー

 

何か質問がありましたらいつでもお気軽にご相談くださいね

Widemarket51@gmail.com